good day

<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧




一夜明け。

第29回年次大会、アクトの皆様のおかげで、無事終了しました。

思えばこの年次大会に向けて走ってきた、一年半。

アクト歴はやっと2年という短い私ですが、言葉では言い表せない
思いを胸にこの大会を迎えました。

地区広報委員長を引き受けた、おととしの12月も終わり。
そのとき、役職の大きさなんて考えもしなかった。
アクトの楽しさばかりを味わっていた私でしたので・・・

年が開け、事務局が決まらない、地区ターゲットは何にする、広報プロジェクトは?
地区プロジェクトは??・・・ただ時間だけが過ぎて焦りばかりが募った深夜。
プレ会の前夜を覚えていますか?N山さん&N野さんの会社に侵入して、ひたすら
印刷して慌てて作った企画書。

あのころから、”なんだか慌しい”一年が始まってた。

地区ターゲット「アクト・ブランド」に決まるまで、やま代表は悩みぬいていました。
”やまちゃんは何をやりたいの”というみんなの問いに、じっとうつむいていたあの姿を
忘れることができません。

アクトをもっと沢山のひとに知ってほしい。その思いが土台となって、今期が動き始めて。
「松本城ピカピカ大作戦」という、前代未聞の規模での床磨きが実現できた。

関係部門への打診などで問題が起きたり、日程が厳しくて、前日のメールのやりとりだけで
どのくらいあったんだろう・・・
プレッシャーに負けて泣き言を言ったり。でも支えて励ましてくれた仲間のおかげで乗り切ることができた。

期が始まりひと月、ふた月と過ぎるにつれ、会長幹事会の場が怖くて逃げたかった。
それは自分の力量不足を痛感する場だったから。
毎回前日なんて全く寝ることできず。
”どうしてうまく説明できないんだろ、なんでもっとみんなの意見を出しやすくできないんだろう、会議のために集まっている皆は、負担なだけじゃん”て。
9月の会議後、夜中豊科の会議部屋で泣いた。
・・・今思えば、まだまだ甘い!って、すこしは自分に言えるけどね。

これまでよりずっとアクトというものや自分との向き合う機会が増えたおかげか、プロジェクト自体がホントにみんなにとってためになっていることなのか・・・立ち止まることもあった。

その後もなにかひとつ成し遂げるたび、その都度悩み度合いは深く大きくなって、苛立ちを地区やクラブの仲間に直球でぶつけていた自分。そしてそんな自分がとても嫌で。
辛いのは自分だけじゃない。やま代表がいろんなことで悩んでいるのも見てたし、地区の役員がそれぞれの状況で必死に踏ん張っているのもやっぱりわかって。
・・・自分しか考えてないことに気づくたび、アクト辞めようと思ったりした。


でも不思議なもので。
そんなときこそ話を聞いてくれたり、励ましてくれたのも、アクトの仲間たちでした。

「ゆっくりでも、わずかでも、前に進んでいればいいじゃん」
「辛いしんどいこと、でもそれは自分がやらなきゃいけないことだよ」
「自分が受けた役なら、決めたことなら、とことんやらなきゃ。」

という言葉をくれた仲間のみなさん、忘れることできないね、この一言たちは。



地区という大きな動きのなかにいると、やっていることの意味や影響の大きさや
その日々の大切さに気づきにくい。

いまはまだ、個人的な思いにとどまってしまっているけど、
今回の年大への思いも、日々を経て、深い感慨になっていくのかもしれない。

燃え尽きてはいないから、まだ大丈夫。任期終了まで、終わりません(笑)
e0044421_3201740.jpg

[PR]



by fumofumo505 | 2006-05-30 03:23 | Comments(2)

GWの風景。

気づけば「黄金」と云われるこの連休も
明日で終わり。

この連休にできたことといえば
年次大会の準備と、ねんじたいかいのじゅんびと、
ネンジタイカイノジュンビト・・・・

もとい。もちろんそれだけではなかったんですが。
思ったほどせかせかせずに、やることはこなしつつ、
過ごせている気がしている(いや、大変なのはこれからなのだが・・・)。


ちょっと前になりますが、わずかな時間を使って
地元の足湯に行ってきました。

e0044421_2164515.jpg

冬季は閉鎖しているので1年ぶりぐらいに訪れたのですが、
行くたびにグレートアップしている。今回は屋根が出来てました。
今後はどのように進化するのであろうか・・・


連日松本へ準備作業のため通っていて、その道すがら見える光景。

e0044421_2194271.jpg

光城山(ひかるじょうやま)。豊科の東にあって、国道19号のすぐそば。
山のふもとからてっぺんに向かって、ひとすじに咲く桜の道。
いちばん上まで見事に咲いたころ、地元大町の桜も満開になります。
夜、この山道がライトアップされて、流れ星のようにきらきら。とてもきれい。
来年こそは登ってみたい。

桜の季節も終わりを迎え、水田に水が張り、夕暮れは蛙の合唱が聞こえてきました。
これを聞くと「五月だな」と改めて思います。

確実に季節も、時も、流れている。
[PR]



by fumofumo505 | 2006-05-06 21:18 | 立ち止まる。 | Comments(2)

「それぞれの道に光る才能、自由自在に変形も可能」
by fumofumo505
プロフィールを見る
画像一覧

検索

おきにいり

松本情報。
松本経済新聞

いろんな仲間に出会える場。
松本ローターアクトクラブ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧