good day

<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧




コブクロの歌う「桜」
昨年11月に発売されてから、つい最近までヒットチャート上位にランクイン。

彼らのすごいところは、一気に注目され曲が売れても彼らの持ち味は
流されることなく、輝きをどんどん増しているところ。

ストレートに、がつんと、力強いけれど。暖かいし繊細で優しい。
数々の名曲の中でも、この曲は結成して一番最初に出来た曲であるという。
1998年から8年を経て発売の理由。
そこには歌い手としての、プロとしてのこだわりがあった。
・・・詳しくはオフィシャルHPにて。


この歌の歌詞、聞けば聞くほど、心にじんときます。

満開の桜も好きだけど、ふと 咲く前のつぼみの力強さに気づくような。
そんな驚きに似ている。
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-30 01:45 | おきにいり。 | Comments(2)

色彩とこころ。

最近、好みの色が変わりました。

ここしばらくはずっとパステルカラー、特にピンクに目がなく、
所持品のほとんどがピンクか朱色の暖色系。

しかし最近、パステルカラーでも紫のものを目にすると
落ち着くし馴染む気がする。

色には意味があるらしい。
ピンクは「女性らしい・エレガントな」
紫は「幽玄な・神秘的な」
・・・他にも意味はあるらしい(調べ不足)


なぜ好みの変化が起きたのか、これといって思い当たる節は
ないのだが・・・。

味覚や色彩の好みというのは、そのときの自分の心理状態を、
何かしら暗示しているのだという話を聞いたことがある。


そういえば、
気持ちが前向きのときは、つられるように明るい色を好み。
気持ちが弱っているときは、暗い色を身につけるようになる。
もちろん季節も関係するけれど。


自分が無意識に出している信号に、気づく余裕を持ちたいなぁ。

e0044421_0223248.jpg

~エクラ・ドゥ・アルページュ
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-29 21:26 | おきにいり。 | Comments(2)

新天地

先日、近い将来の仕事について、上司から直々に話があった。

やはり予想通り、今いる職場はなくなることに。これはもう決定であって
時期も明確になっている。

その後の私の行き先についても内示があった。

おおかた予想はしていたが。内示とてはっきり言われると、複雑だ・・・

今の業務内容と全く違う、ゼロからのスタート。
それはそれはかなりの苦しい状況となることは目に見えている。

7年やってきた実績は無駄にはならないだろうけれど、どの程度
通用するのだろう?正直不安です。
私の何が生かせるんだろう?どんな点が求められているんだろう?
不安は尽きない。

今の業務も、最近なんだかつまらないミスしてるしなぁ・・・いかんのよ。
こんなんじゃ。

私にとっての仕事って?やりがいって?今やるべきことって?
それらの意味することは?

お金をもらっている以上、その時点でプロの仕事をしなければだめなのだ。
その仕事を選んでいるのも、この道を選んでいるのも自分なんだし。

やがて見えてくるであろう答えに向かって、今は着実にやっていかねば。


・・・という、独り言でした。
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-23 01:04 | Comments(2)

白銀は遠い・・・

アクトの招待行事である、恒例スキーツアー!
楽しみにしていたのに。そのためにわざわざ準備もしてきたのに。

先週、仕事中、何のはずみか足の筋を違えてしまい、歩くのも困難に。
どうも体全体がゆがんでいるらしく、数年前からこうなのです。
ある日突然ぎっくり腰になったり、いすに座ったり立った拍子に、脚の筋を
ぎくっとやってしまう・・・

寝返りを打った拍子、というときもあります。自分の体ながら油断できません。
たいがいは一晩姿勢良く寝るか、ゆっくりストレッチをすれば直るのですが、
今回はスキーツアー、泣く泣く断念しました・・・
(KANANちゃんのブログ見たら、すごく楽しそうだったなー。はぁ・・・涙)

雪国大町生まれ大町育ちだからといって、スキーが上手いわけではなく。
信州人が毎日ソバ食べてるか、っていったらそうでもない。それと一緒です。

スキーよりむしろソリすべりのほうが断然楽しい♪
そんな私ですが、数年前にボードを始めまして。
友人や会社の先輩に教わって、一時期は平日会社から直行して
地元のスキー場のナイター、滑ってました。
ちなみに会社にはプロ並みボーダー集団がいて、鹿島のシーズン券を
いかにして入手するかで何時間もしゃべり続けるつわもの揃いです。

でもここ数年まともに滑っていないので、来年は体をやわらかくして
体力もつけて、楽しみたいと思います。

滑りおりるスピードもいいけど、私はリフト降りたときの眺めとか、
晴れてて耳がキーンと冷える早朝、均したての雪を滑り降りる
あの瞬間がいいなと思う。

皆さんはどうですか?
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-23 00:51 | とほほ。 | Comments(3)

いただいていたバトンをば。

ちょっと前になってしまいますが、ここのブログに来て頂いている
晃弘さんより『印象バトン』なるものをお預かりしました。
晃弘さんはアクトにも数回見学に来ていただいている学生さん。
ブログを通じて、出会いの場が広がってます。


それでは。



1.回してくれた人の印象は?

数学を学ぶ、マジメそうな、でもほわっとした雰囲気のある学生さん。
ブログを拝見すると、けっこう多彩な知識があったり、
料理にはこだわりがある??らしい。


2.まわりから見た自分はどんな人だと思われている?

「最初は話しかけづらかったけど、実際こんなひとだとは
思わなかった」といわれることが多いです。

こんな、の意味は・・・


3.自分の好きな5つの人間性


直。まっすぐに今を生きているひと。

暖。内面のあたたかなひと。

穏。穏やかな雰囲気のあるひと。

笑。笑顔の素敵なひと。

歩。前を見据えて、ゆっくりでも、歩き続けるひと。



4.嫌いなタイプの人

鋭。ぎらぎらした感じ、とげとげした雰囲気は苦手です。
価値観を押し付けられるのもだめ。「こういうもんだろ」って。
そしてそんな状態のときの自分がいちばん嫌。


5.理想像はある?

ありますが、ひみつです。


6.バトンタッチ(印象つきで)


そうだなぁ。
kanaちゃん、どう?(とってもやさしい、そして面白い、マジシャンです?)

興味のある方、ぜひご自由に継いでいってみてください。
自分再発見できますよ。
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-16 22:51 | Comments(3)

生きる。ということについて

よく訪れてくれている、アクト仲間のkanaさんブログで、ちょっと
心の奥に響いたことがあったので。
おばあさんの話でした。

愛情を注いでくれた近しい身内が亡くなる。
言葉では表現できない喪失感があるものです。

私も祖母が数年前に他界しました。元気で、頑固で、でもいろんな問題があり、
長い年月家族で乗り越えてきました。

そんな祖母がある日、足をいため、一気に寝たきりに。意識ははっきりしているものの、
昔の話をしきりにつぶやいたり、体がいたいいたいと泣いて叫んだり。
大変な毎日だったけど、そこにはしがらみなんてなく、ただ一日でも長くそこにいてくれればよかった。

夏のある日、私は大きな事故を起こして、奇跡的に助かりました。
その夜、両親は泣きながら仏壇がある祖母の部屋で、一緒に寝るように言いました。
「あんたが助かったのは、ご先祖様やばあちゃんが助けてくれたんだから。命を大事にしなさい」

翌日。会社に行くと急に自宅から電話。祖母の危篤を知らせる電話でした。
なんとも言えぬ焦りにからまれて戻ると、意識もわずかな祖母の姿。細く冷たい手。
それからわずかな時間で、ふっと旅立ってしまいました。
まるで私の命と引き換えのように逝ってしまったこと。一生この心に痛みは残ると思う。

その後数日間はあまり記憶していません。
気づけば慌しく葬儀も終わり、祖母の寝ていた部屋も、いたことがうそのように片付けられ
祖母のいたことは現実だったのに遠い昔にさえ感じられました。
たった数日前なのに。
家族も、それぞれ喪失感を埋めるために必死だったのでしょう。

不思議なことに、亡くなったときも、葬儀のときも、私は泣けませんでした。
なぜだか分からなかったけど。なんだかいつもそばにいるような気がしていました。

一年後。迎え盆となったとき。
なぜでしょう、急に涙が出たのを覚えています。そのとき初めて、心の奥底から
今はいないということを理解できた、そんな瞬間だったのかも。


今でもよく家族の中では当時の話が出ます。そしてそのたびに、「お前はホントにばあちゃん似だ」と言われ、そして命は大事にしろ、という一言がつきます。

生かされていることは忘れずにいたいです。
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-15 23:05 | 立ち止まる。 | Comments(2)

20代

世間では旗日でも、私の会社はたいてい祝日旗日関係なし。
通常稼動日なので何の休みなのか、知らないことがおおいのです。

今日も実は成人の日だったのですねー、帰宅後のニュースで知りました。
私の記憶が確かならば、15日ではなかったか?一体いつから変わったのだ。

・・・世間の動きにとんと疎いのです、芸能ネタですら「えー!!あの夫婦が
別れたの?!」と驚いてると、逆に「今知ったのかい?!」とリアクションに驚かれる
始末・・・うらしまなんです、きっと私。

成人式は地方だと夏にやるところもありますね。私もそうでした。そのため
振袖や袴を着たことがありません。学校の卒業式もスーツ限定だったし。
今となってはいい歳なので、着る勇気がない。でも心残り。

不思議なもので、卒業してから年数が経つにつれ、地元の同級生と顔を
会わせることが多くなっている気がします。
転職したり、実家を継いだり、結婚して子供がいたり、悲しいことを乗り越えたりと
それぞれの20代を歩んでいます。
一度は都会に出て、その後思うところあって地元に戻ってきた友人もいます。
今ではそんな同級生・同窓生の仲間が、よく声をかけてくれて。
10年ぶりの電話でも、10年を感じさせない距離感。嬉しい。

そんな仲間にも自信持って言える20代を生きていこうと、改めて思ったのでした。
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-09 23:34 | 立ち止まる。 | Comments(3)

みそキムチ

久々美容院に行ってきました。

あきっぽい私は、従来歯医者と美容院は固定しておらず、
長い間さまよいがち人生でした。
が、2年ほど前に今の美容院にお世話になってから、
雰囲気がよくて美容師さんと話しやすいので、何だかんだで
今に至っています。

今回はちょっとさっぱりしすぎ感もありつつ、まぁ2か月ぐらいしたら
いい感じになるのではないかと(?)
かっこよく言えば「日々進化する髪型」→自称。


それで、美容師さんから得た「ちょっとおいしいもの」情報!

とんこつラーメンに、最近発売されたらしい「みそキムチの素」を
入れるとおいしいらしい。
その美容師さんによると
『とんこつでないとだめなんですよー、で、最初から入れるんじゃなくて、
半分くらい普通に食べてから、残り半分に入れるとですねー、これまた
濃厚!なんですよー!!(以下省略)』
と熱弁。

まだまだ肌寒い季節、これは良さそうですぞ!
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-08 02:29 | おきにいり。 | Comments(1)

遅れながらも始動。

年末年始の休みも今日で終わり、明日からまた、
いつもの毎日そして多忙な一年が始まります。

いつものことですが・・・「明日から仕事!」ってならないと
エンジンがかからないというか、やる気が出ないというか・・・

なので大体毎年4日ごろに初詣。今年もようやく行ってきました。

e0044421_23401412.jpg


地元の某神社です(神社なのに三重の塔がある、珍しいところ)。

周り、ものすごい雪でした。同じ市内なのにこうも違うとは!と
圧倒されつつ、昨年無事過ごせたこと、今年も健康で過ごせるように、
お礼とお願いをしてきました。

さすがに4日なので人影もまばらでしたが、境内に入ったとたん風が吹いて、
高い木々から雪が舞って、きらきらで。一瞬のことです。

今年もいいことありそう。
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-04 23:47 | ひとコマ。 | Comments(4)

年越しの風景3

元旦に登山をしてきました。
それも飯田。御来光を拝みに。

e0044421_23293773.jpg


大町を出たのが深夜1時過ぎ。その後塩尻にて代表と合流し、一路飯田へ。
思いのほか寒さのしみる明け方、集まった20数名、山頂に向け出発!

山道はこれまた予想以上の傾斜あーんど残雪。アイゼンつけたものの、
さすがの雪国育ちでも悪戦苦闘していた。
周りのメンバーの励ましがなかったら・・・登りきれていたかどうか(汗)。
嬉しかったなぁ!!
山頂で待っていると、ようやく2006年の夜明けが。

こうして毎日、変わらぬ朝日が生まれては消えていく。
でも元旦に、最高の仲間と日の出のヒカリを浴びることができたこと。
やっぱり、特別だったなぁ。

その後の囲炉裏を囲んでの会でも、お互いの顔を見ながら色々話ができて
あっという間の一日でした。

飯田クラブのみんなって、ほんとすごい。
元気をもらった2006スタートでした!Thanks☆
[PR]



by fumofumo505 | 2006-01-03 02:59 | アクト | Comments(6)

「それぞれの道に光る才能、自由自在に変形も可能」
by fumofumo505
プロフィールを見る
画像一覧

検索

おきにいり

松本情報。
松本経済新聞

いろんな仲間に出会える場。
松本ローターアクトクラブ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧