good day

カテゴリ:とほほ。( 21 )




よく考えてみると・・・

松竹梅さんのブログを見てふと考えた。

クリスマスソング、皆さんどんな曲を思い出しますか。

山下達郎、ワム!、ドリカム、マライアキャリー、B’z・・・

いたるところで流れてますね。

「ああ、もうそんな時期か・・・」と浸る瞬間ではありますが、

よくよく歌詞聞いてると、ほとんど切ない内容ですね。

君のためにイスを買ったけど今はいない。とか(汗)

うーん、楽しい思い出より切ない思い出のほうが

鮮明に残るということ?

歌にしやすいということ?

そしてこっちのほうが共感できる人が多いということ?


・・・むむむ、複雑ダ。
[PR]



by fumofumo505 | 2005-12-16 12:19 | とほほ。 | Comments(3)

四段オチ。

今日は立て続けに事件が。

第一幕。洗濯機の水道ホースが破裂。脱衣所から廊下が水浸し。
おかげで廊下にあった棚や荷物や、新品の掃除機が台無し!

そして第二幕。浸水に気づいた弟が水を止めようとよろけてガラスにチョップ。
見事破損。

さらに第三幕。廊下にあった姿見をどかそうと動かしたら、鏡部分が見事に落下。

まだまだ第四幕。脱衣場を乾かそうと扇風機を出してきたら、最大モードにしているのに
カラカラと目で追える早さでしか回らず・・・どうやら故障にてやむなく断念。


ケガがなかっただけ良かったー。

・・・・それにしてもこの見事な展開。ココまで来ると笑えます・・・・
[PR]



by fumofumo505 | 2005-12-14 01:25 | とほほ。 | Comments(4)

ありえない事件簿その二(そして国際交流)

すっかり肌寒くなりました。みぞれが降る季節・・・

私の会社では、冬になると「弁当温め機」なるものが登場する。

電子レンジなんてハイカラなものはありません・・・
一見単身者用の小型冷蔵庫かと思いきや、朝そこにお弁当を
入れておくと11時半ごろ自動で電源が入り・・・正午には
蓄えられたお弁当たちがホカホカになっているというわけ。

本来タイマー機能はないんですが、管理課の社員が仕掛けた
らしい。ちなみに自動で電源OFF。さりげなく地球に優しい。


今日も出社していつもどおり貴重な食料を入れ、さてお昼に
温め機の扉を開くと・・・

・・・車の芳香剤の匂いが充満しているではないですか!!

中にあった約30個くらいのお弁当、全て強烈なムスクランチ
になってるよ・・・(もちろん私のも。)

原因は不明ですが、どうやら誰かの弁当包みか何かに
芳香剤がかかっていて、そのまま温めたもんだから
こんな有様になったようだ。

もったいないのでちゃんと食べましたが・・・
人生初の味わいでした。


そういえば。
当社はブラジル人社員と中国人社員も一緒に働いているので、
得意料理を教えおそわったり、作ったものをいただくことがあります。

ブラジル料理はとにかく「量が多い」「味が濃い(しょっぱいか甘い)」
「スタミナ系(香辛料を多用する)」
意外に肉だけでなく、それ以上に豆料理をたくさん食べている。
ある人は日本に来てわずかな頃、どうしても祖国の豆料理が食べたくて、
店頭で見つけた豆の缶詰を大量に買い込み・・・塩辛くして食べたところ、
あずきの缶詰だったので「マズカッタ。ニホン ワカラナイネ」と言っていた。

大量のココナツが乗った蒸しケーキ、食べたらこれまたものすごく
しょっぱかった、ということもありました。


中国の社員の人たちは、年末になると大量のギョウザを作って
私たちに手渡ししてくれる。
中国では年末年始、親族で集まりみんなでギョウザを作っては
それを囲んでお祝いするらしい。
ちょうど日本のおせち料理みたいに。

国籍の違い=習慣、文化の違いだというのを、こんな場面を通して
感じますね。

つまり日本の常識は世界の常識ではないことも、想像以上にたくさん
あるってことなんでしょうね。


・・・今日は発端から、すごい結論に達した。
[PR]



by fumofumo505 | 2005-11-15 21:42 | とほほ。 | Comments(2)

夢のまた夢。

不思議な夢を見た。

とってもおいしいという噂のケーキ屋を探していると、
一軒の普通の住宅に到達。
どうやらここらしい。

中に入ると、普通になぜか畳の居間に案内された。
周りを見ると、生活感溢れるホントよくある部屋なのに、
生けてある花、棚、ものすごくきれいにしてあって、
『ああ、店は住まいを開放してるけど・・・ほんと
きちんとしてる人なんだろうな』
と感心する私。

しばらく待っていると、(なぜか注文していないのだが)
ガラスの小さな器に入った、待望のデザートが運ばれてきた!
かんてんのような、透明なゼリーを細かくしたものに
ラズベリーが混ざっていて、とっても涼やか。(というか、夏なのか?)
透明なシロップと、上には七分立てのホイップクリームがふわりと
かかっている!!あーなんて幸せな光景だろうか!!
そして口に運ぶと・・・冷たすぎず甘すぎず、美味!!!
『こんなにおいしいものを、落ち着いて食べられるなんて、幸せだなー。
ホントぜいたくな時間だよね・・・』と、しばしたそがれた。。

お店のオーナーはどうやら全国を転々としながら、その土地らしさを生かした
デザートやケーキなどを創作して、自宅を開放して1~2年という期間開店し、
また別の地へ・・・という生活をしているらしい。

・・・こんな生き方もあったのか。とうれしく感じて・・・目が覚めた。

何なんでしょう、このリアルすぎる夢。
私としてはここまで詳細に覚えている夢って、これまでなく、
あまりに印象に残ったので思わず公開してしまいました。
先日の『夢☆バトン』の影響なんでしょうか??
唯一残念なのは・・・出てきたような一品は実際は食べたことがないし、
見たことがない。
・・・これは自分で作ってみなさい、ってことなのかしら?

なんだかとっても不思議な夢でした。
[PR]



by fumofumo505 | 2005-11-11 18:08 | とほほ。 | Comments(2)

不健康の末に??

病院に行った。

先日更新申し込みをした生命保険(例の”男性疑惑”のやつね)で、

医師の診断が必要な部分があったので。

気になる症状などは今はないので・・・まぁ念のために。

会社を通しての契約なので、いつもかかりつけのところではなく、

会社指定の病院に行くよう言われ、定時後時間を作って受診。

ここは初めて行ったのだが・・・

呼ばれて入ると中には既に患者が数名、狭い部屋に何人いるんだ状態。

ひとつの部屋で何人もの患者を、医師2名が同時進行で診ているのだ!

まぁー、病院にしては珍しく遅くまでやっているから、患者も多いし

忙しいのは分かるんですがー。

・・・病歴やら、全部聞こえてますよーあなた。

真横で切開手術中な状態で採血されている私。なんだか、野戦病院に

来たみたいだ・・・

なんとか無事診察も終わり、どっと疲れて帰宅した週末。

(病院もたいへんなんだね。)
[PR]



by fumofumo505 | 2005-10-30 02:34 | とほほ。 | Comments(0)

運試しベンダーその2

たそがれ、自販機には縁のないことが多い。

特にカップで出てくるタイプ、強敵です。

カフェオレを押したら、白いお湯だけが出てきた。
ウーロン茶を押したら、氷だけ出てきた。

まだまだ序の口です。

中身が出てから、空のカップが落ちてきた。
味の混ざった謎の物体が入っていた。
炭酸がなく、コーラの原液が出てきた。
お金を入れたとたん、使用中止になった。


運だめしではなく、これはもしや芸人としての力量を
問われているのであろうか。

皆さんの体験談、お聞きしたいところです。
[PR]



by fumofumo505 | 2005-10-19 13:09 | とほほ。 | Comments(6)

運試しベンダー。

会社帰り、お茶でも買おうと道端の自販機に立ち寄った。

どれにしようか迷っていると、ふと目にとまったのは

「ミステリーゾーン 100円」

・・・なんじゃこれは?!

手作り感あふれる、明らかに”急遽作りましたよ”的な缶の見本。
しかも虹色(怪しさ倍増)。


ここで普通にお茶を買うか!あえてミステリーに挑むか!!

(一般人か芸人か?という選択と変わらないのか、これは?)


迷いましたが・・・挑戦しました。

何が出てきたかは・・・言えぬ。なぜならミステリーだから。
[PR]



by fumofumo505 | 2005-10-17 19:43 | とほほ。 | Comments(5)

ありえない事件簿その一

先日、会社で某生命保険の契約説明会があった。

会場となった大会議室には、社内の老若男女(失礼)数十名が揃って、

保険の更新について手続きをしていたのですが。



たそがれ、申込書の印字されたところ、「男性」になっているではないか!!!

入社からかれこれ7年間、私は「男」で契約されていたのか?!

これは何かのマチガイなんだわと、祈りつつ挙手。

「あ、スイマセン・・・男性になってるんですけど・・・」


老若男女一同爆笑。たそがれ苦笑。

思わず「国籍」欄も確認してしまった私でした。
[PR]



by fumofumo505 | 2005-10-12 17:48 | とほほ。 | Comments(2)

失敗カット→その後

 私の人生においてはほぼ10年振りに、今年は髪を伸ばしてきた。我ながら”ちょっとは女らしくなったかも!”とひとり うふふ♪状態でいたのです。
 それが何を血迷ったか、先週いつもの美容院で「短めに」と言ったがために、そのヒトコトが命取り。ショートカットになっちゃった。がっくり。短すぎ。
 
 ・・・まぁ、不評なのは分かるよ。でもね、自分も相当分かってるんだよなー。しかもショック受けてるんだよなー、そこんとこ分かってほしいなー(祈)。

 まあそれはさておき。
 美容院にいくときに、いつも思い出すことがある。
 「髪を切る日」という曲がある。
 マキハラノリユキの昔の曲で、確かシングルのB面に入っていた気がする。
  
 
 「人は 髪を切るたびに きっと何かを片付ける 
  
  だからわざわざ 混んだ日曜日を 選んでしまうのだろう・・・」

 
 初めて聴いた当時は、その言葉や歌の意味がまだ分かっていなかったけれど、10年以上経って、それなりに色々な日々を重ねてきて。
 この歌を思い出すたび、”あぁ、大人になったなぁ。またひとつ”って思える自分でいたいと思うのです。
 
  
[PR]



by fumofumo505 | 2005-09-06 20:01 | とほほ。 | Comments(0)

鍵を失くす女

 私は「鍵を失くす女」である。
 昔から、相当数の鍵を失くしてきた。自転車、自宅の鍵、ロッカーの鍵、車の鍵・・・
 
 入社したての職場のお花見。二次会はカラオケに連れていかれ、いざ帰ろうとしたら「車の鍵がナイ!!」どこ探してもナイ、ナイ、ナイ・・・(涙)。
仕方なくその日は同期に送ってもらい。探すこと数日・・・何と二次会に移動した車の中から発掘された!

 
 その後もロッカーの鍵を失くしたために、早朝社内を私服で走りまわったり(総務課が離れているので、スペアを借りるだけでひと苦労。おかげで皆んなにあたふたぶりを見られるし)。

 そんなことが多々あるため、鍵には鈴をつけたんですよ。大きな鈴を!そうすれば、落とせばすぐ分かるでしょ?しかも「・・・あ!鍵は?!」と思っても、飛び跳ねれば鳴って分かるでしょ?
これでカンペキ♪って、油断してました、私。

 やってしまったんだな・・・泊まりの研修会があり、夜は大宴会で飲みすぎた。なぜか鍵持ち歩いてた。朝起きたらなくなってた!!
 あーあ、まただよ、というかここまでくると、人間的にコレどーですか?
 今回も結局無事見つかったのですが・・・(さすがにどこにあったかは、言えないな)いい加減にどうにかしたい。
 今回も周りの友人多数に多大なる迷惑をかけてしまったのだった。

 どうも傾向的に「お酒の場」でやらかしてしまう確率が高い。もー二度と失くさないからっ!絶対失くさないんだからっ!そう決めたんだからっ・・・(泣)
[PR]



by fumofumo505 | 2005-09-03 19:43 | とほほ。 | Comments(1)

「それぞれの道に光る才能、自由自在に変形も可能」
by fumofumo505
プロフィールを見る
画像一覧

検索

おきにいり

松本情報。
松本経済新聞

いろんな仲間に出会える場。
松本ローターアクトクラブ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧