good day

またひとつ世界を知った

先日、ローターアクトの活動のひとつで伊那へ行き、
聴導犬について学んできました。

じつは前日、「明日伊那でこれこれこういう勉強会が
あるんだよー」と、弟に話したところ
”聴導犬っていえば、宮田村に日本の第一人者がいて、
おそらくその人が教えてくれるんじゃないかな?”と
アドバイスしてくれた。

・・・たそがれ弟、実は以前盲導犬の勉強もしていたし、
今も動物関連の仕事をしているので、その筋の話に詳しい。
しっかり者である。さすが。

さて、体の不自由な方々にとって、補助犬がいかに大切な
存在であるのか・・・
日常を不自由なく、気兼ねなく、暮らすために。
安全に暮らすために。
わかっていなかったですね、わたし。
それに補助犬をとりまく世界のことも。

例えば聴導犬を連れて旅行に行くことも、鉄道会社ごとに
厳しい試験を受けなければだめなこと。
ユーザーさんの需要に対してまだ国内で10頭ほどしか
いないこと。
様々な事情で捨てられたりして、傷ついた犬たちであるけれど、
人間と関わるなかで絆を深めて生きていること。

・・・こういうきっかけというか、場がなければまず触れることの
なかった世界。


伊那のアクト仲間やご協力いただいた皆様に感謝です。
[PR]



by fumofumo505 | 2005-12-05 00:41 | アクト | Comments(2)
Commented by kana at 2005-12-06 22:11 x
ほんとにアクトに入ってなければ体験できなかった貴重なものでしたね。
わんちゃんたちもかわいかったね。。。
たそがれさんの「目がちがう」という一言が、まさにヒットでした。
Commented by tasogare at 2005-12-13 12:18 x
いい経験になったよね。

長野ではお世話いなりまして。kanaさん楽しいね♪

「それぞれの道に光る才能、自由自在に変形も可能」
by fumofumo505
プロフィールを見る
画像一覧

検索

おきにいり

松本情報。
松本経済新聞

いろんな仲間に出会える場。
松本ローターアクトクラブ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧