good day

たそがれ「新境地」を知る。

また最近読んだ本の話をひとつ(ネタのバリエーションなくてスーイマセン!)。

この本はいつもありがちな”なんとなく” ”目に留まった” から買ったわけではなく、
このテーマについて知りたかったから手にとりました。

『おかあさまのためのコーチング』 あべまさい著(ディスカヴァー)

つい最近、とある縁がきっかけで「コーチング」というコミュニケーションスキルに
ついて知ることがありました。

コーチングとは。
「何かを教える(一方方向)」のがティーチングであり、それに対して「相手が気づき、自発的に行動するよう導く(質問・提言を通じて気づかせる・導かせる)」のがコーチング・・・
であるといわれています。

一方的に教わるのではなく、自分で考え、振り返り、答えを導く。
こうした過程を経て得られた結果が、仕事や人間関係で大きな成果を挙げることがあり、この手法が企業などでも注目されているそうです。

はずかしながら、これまで全くこんな手法・考え方があるなんて知らずにいました。

この本はコーチングのプロであり一児の母でもある著者が、子育てを通じてコーチングについて改めて向き合い、子どもから「コーチ」されていると気づく日々が綴られています。

これまで全く知らなかった人でも、人間関係を円滑にするためのヒントがたくさんあります。
抵抗なく読めると思いますよ。自身や周りへの視点が変わります。オススメしたい一冊です☆☆☆   星三つ!!
[PR]



by fumofumo505 | 2005-09-25 04:20 | おきにいり。 | Comments(2)
Commented by おにぎり at 2005-09-26 13:58 x
コーチングって大切ですよね。

とっても大切なことなのに、とっても難しいことだと思います。
最近、その重要さを折に触れて切実に感じています。
でも、悲しいくらいに難しい・・・。

知識として蓄えるだけでなく、ツールとして実践していくことの難しさもありますが、私ももっともっと精進せねば・・・
Commented by tasogare at 2005-09-26 20:44 x
私も・・・
いつもこの考え方を通してヒトと接することができたらいいのに・・・
と思い、反省することがよくあります。
これを教えてくれた方いわく、コーチをする側というのは「向き、不向き」というのがあるそうですよ。
明らかにワタシのような気の短いものには、コーチはできぬ(汗)。
でも、視点が増えますね。あと、ヒトへの関心が増しましたよ。


「それぞれの道に光る才能、自由自在に変形も可能」
by fumofumo505
プロフィールを見る
画像一覧

検索

おきにいり

松本情報。
松本経済新聞

いろんな仲間に出会える場。
松本ローターアクトクラブ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧